Japanese

さらなる力強いサウンドを追求、7つの異なるバージョンから成る。
イタリアのプロデューサー「Clori Marco」を迎え入れて制作された新しいEPを世界へ。