Japanese


1989年、バンド【SKW(skywalker)】は結成された。現在のメンバーは、Marco Laratro (vocals), Simone Anaclerio (guitars), Mirko Voltan (bass), Giancarlo Piras (drums)。

1992年に初のデモテープを作成、1993年からライブを開始、同年セカンドデモをリリース、このデモテープはイタリアのプレス、ラジオ、雑誌、専門誌から高評価を得ることになった。

1995年、これまでとは異なる格上のクラブでライブを行い、サードデモテープを発表。これがラジオ、ロック雑誌から絶賛を受け、大きなプロモーションを得ることになった。

1997年、イタリアのメタル雑誌「Metal Hammer」が【Metallica】とのトリビュートコンサートを要望、ミラン・ファクトリーで実現された。その後、多くのイタリアの高名なバンドのサポートとしてのチャンスを得ることになる。
イタリア国内外のコンピレーション・アルバムに参加、1998年にはバンド名を「Skywalker」から【SKW】に変更、パワフルなアルバム【Techno-Logical】のレコーディングが開始される。このアルバムは「Adrenaline Records」と契約され、ワールドワイドに配信された。

1999年には「Mavalerax Cavalera」のバンド「Soulfly」、そして「Amorphis」とミラノでステージを共にした。「Matellica」のアルバム「S&M」の販売を記念したトリビュートナイトでは、「Jason Neewsted」とプレイを行った。

2000年12月、ニューアルバム【Connection】がリリースされた。デビューアルバムより、よりアグレッシブな12曲編成となる。
「The Haunted」がサポートする「Together As One festival」に参加した後、長く終わり無いツアーを経て、2004年にサードアルバム【Alter Ego】録音の為、スタジオ入りした。バンドの成長と成熟は、パワフルで新鮮なアルバムを作り上げることになる。
サードアルバム【Alter Ego】は、2005年1月にリリースされた。

2005年5月、若く才能あるディレクター「Laura Stabilini」によって撮影された【Alter Ego】の動画がリリースとなり、その後3年間、様々な場所でライブが繰り広げられた。

2007年、「Alkemist-Fanatix」と新しくマネージング契約を結び、プロデューサー「Frank Andiver」を迎え、アルバム制作に取り掛かった。マスタリングは、プロデューサー「Kim Rosen」により、アメリカ・ニュージャージーのスタジオ「WWSM」で行われた。

アルバム【Numbers】は2009年2月にレーベル「Risingworks label」からリリースされ、「code7」「Plastic Head」、自主販売含めワールドワイドで配信された。
アメリカンモダンメタルとバンド本来のエネルギーとがミックスされ、攻撃性を進化させたバンドの成熟度が表れたアルバムとなる。
ビデオ【1minute2Lie】が、ディレクター「Laura Stabilini」により、カリフォルニア、ロサンゼルスで撮られた。「Gianfilippo Pedrotti (Vasco, Jovanotti)」プロデュース、撮影監督は「Michael Pescasio (Papa Roach, Simple plan, Soulfly)」。

2013年には、ニューシングルとビデオクリップが公開された。
タイトルは【Numbers】。ビデオクリップは「Ilaria DallaCasa」により撮影、「Federico Quistini」による編集だ。
終わることのないツアーが、ロシアやウクライナでのギグを含め、イタリア、ヨーロッパで繰り広げられた後、バンドの新しいマネージメントに「Luca Bernardon」を迎え入れ、アルバム【SIGNS】のレコーディングが開始された。

2014年春、「Ilaria Dalla Casa/ MotelVista production」プロデュースにより、ファーストシングル/ビデオクリップ【Amnesia】がリリースされ、新譜【SIGNS】が5月に「BAGANA records」より発売となる。
セカンドシングル【Red Sector A】が「Ilaria Dalla Casa/ MotelVista production」プロデュースにより12月にリリース、【SKW】25周年パーティーがフィルムに収められた。

2015年にはビデオ【never so close】がリリースされ、【Signs】はヨーロッパ及び世界へ向け「Sliptrick Records」からリリースされた。